クリスマスなんてとっくに終わってるかと思ってたら、この前終わったのはハロウィンだそうです。
先回りして夏に年末の大掃除をしてしまうような私ですから、もう何が何だか。

ということで、今回は脳内の大掃除をします。
消化不良な記憶を脳内から文字にして取り出し、ここに書き殴るだけなんですけどね。


まず、仕事の記憶。

今の私からは想像がつかないが、一生懸命何年も続けたり、売上がトップになったことまである。 周囲は結構気楽にやっていて、みんな私ほど努力なんてしなくても、それなりにやれるのが普通だったが…

朝礼やミーティングでも、必ず必死にメモを取っていたのは私だけだった。
そして、開店前にメモを見直しながら同僚たちと並んで座っていたら、上司に突然ゲンコツで頭を殴られた。
「下向いてるから寝てると思った」と言われたが、理不尽すぎないか?

リーダーに抜擢されても、病気で休んだら「ペットショップだったら病気の犬なんか誰も買わない」「プロ野球だったら年俸ガタ落ち、むしろ契約違反」と言われた。
胃腸炎でも休ませてもらえずに倒れた時は、真冬の寒いバックヤードに何時間も放置された。

他の職場でも散々理不尽な目にあった。
消防訓練や集会で、大きい声で挨拶したり、真面目に取り組んだことをバカにされた事もあった。

結局、病気で休めばまた金が無くなり、また働いて体を壊しての繰り返し。
上手くなったのは元気なふりや、普通の人のふりだけ。


でも、私は私のやり方で、自分の人生を謳歌しようと色々チャレンジしてきた。だからこそプライドがある。


警察にも散々バカにされた。
おまえ精神病だろ!とか、おまえは病気なんだよ!とか。
仕事は?無職だな!今までもバイトだけだろ?正社員になったことないだろ?と決めつけられたりもした。
子供がいないことも、そうだろう、そうだろう、だからダメなんだよ、そういうやつなんだよおまえは、暇なんだよ、と言われた。

検察官にも、あなたの考えは特殊です。自覚ありますか?と言われた。
最近学んだことや感じたことを話しても、そんなのは普通みんな小学生ぐらいで学ぶんですけどね、と言われた。


そんな経験をしていくと、様々な事がバカバカしくなる。

そもそも住む世界が違う。共生はできないとよくわかりました。粘った私がバカでした。


いやあ、長くなってしまいましたが、私の強い所は「私がおかしいんじゃなくて周囲がおかしい」と思える所でしょうね。
皆様も参考までに…