⚠️メンテナンス中⚠️狭いベランダは我が森ぞ

言いたい放題な生息記録

タグ:事件

何年も前の体験談ですが、書き残しておきます。



「注射打って」

これは、私がペットショップでバイトを始めて一週間もしない頃、店長から突然言われた言葉だった。
段ボールが山積みになったバックヤード。その中にはチワワやミニチュアダックスの仔犬がいて、段ボールを開けると、震えながら不安そうにこちらを見上げてきた。

私は動物にも人間にも注射を打ったことは無いし、そういった免許も無い。やり方も知らない。
それなのに店長は、当たり前のように「注射打って」と言った。
そして、私が断ると面倒臭そうにこう言った。

「首の皮つまんで刺せばいいだけだから。それで元気にならなかったらこいつはもうダメだから箱詰めて今夜本社に送っちゃって」


私は、他の嫌な実態も重なり、そのバイトを辞めた。
他の嫌な実態とは、子犬は小さければ小さいほど値がつくし売れるということで、大きくならないように餌やミルクを少量しか与えないだとか、それでいて弱ったらシリンジでムリヤリ胃に入れるだとか、そういうことだ。

『当店は独自の方法で消臭対策をしています』と謳いながら、実際は市販の『消臭力』をいくつも置いているだけっだったし。


性格が悪い上、バカな女バイトもいて、本当に嫌になった。
その女バイトはお客様に仔犬(メス)の股間が腫れていることを「これは何?」と指摘された時、こう言ったのだ。

「え?ああ、それ、ま〇こですけど」

お客様はドン引き。
私は本社の人間に、ああいう言い方は良くないんじゃないかと報告したが、本社の人間とやらもどこかチンピラっぽいというか、態度が悪い奴だったのでどうにもならず。何が問題なのかわからないような反応だった。



ペット・ブーム、その裏でほくそ笑む悪質なペット・ビジネス。
犬種にも流行りがあるから、ムリヤリにでもどんどん産ませ、か弱い命をすぐに親から引き離し、まぶしくうるさいショーウインドウで売って売って売りまくる。

そりゃあ、最大限良心的なブリーダーもいるし、最大限まともなペットショップもある。だが、酷い奴も大勢いる(どの世界にもだが)ことを忘れてはいけない。知らなければいけない。
皆さんも、ペット・ビジネスのあり方を今一度考えてみてほしい。


以下に、悪質なペット・ビジネスの実態がよくわかるリンクを貼っておきます。
ショックな記事と画像ばかりなので(だからこそ見てほしいが)、トラウマを受けやすい人や体調に響く人は自己判断でお願いします。

パピーミル崩壊レスキュー

多頭飼育崩壊レスキュー48頭

蓄犬業者の実態

パピーミル(子犬繁殖工場) その1 母犬たち

埼玉ブリーダー廃業&全頭放棄、緊急レスキューによるボランティアトリミング。

埼玉鴻巣ブリーダー崩壊 犬54頭

ペット業界の問題点

素人繁殖の落とし穴

悪徳ブリーダーの見分け方



こんな事件も過去にあった。
ペットの葬儀屋が、火葬代をピンはねするために、亡くなった犬猫達を火葬せずに山中へ捨てていたという事件だ。
警察は、山中からビニール袋に入った動物の死骸を約100匹ぶんを発見。経営者の男は、廃棄物処理法違反で逮捕され、再捜索によってさらに約80匹ぶんの動物の頭蓋骨が山中から発見された。

リボンをつけたり、洋服を着た死骸が多かったそうで、生前は飼い主にかわいがられていたんだろうな…
火葬後の骨を引き取りたいと言った飼い主の中には、全然違う犬の骨を渡された人もいるそうで。北朝鮮みたいだなあ。
飼い主の思いを踏み躙ったこの葬儀屋、こんなことをしても廃棄物処理法違反で済んでしまう。

入居者虐待の動画を観て動悸と吐き気がしたので、虐待の館こと『Sアミーユ』に以下のメールを送りました。

川崎Sアミーユにおいて、虐待にかかわった人物が自宅謹慎、またはまだ働いているなど、とんでもなく軽い処分だと思います。
現在の入居者とその家族はもちろん、入居を検討している人にも、大きな不安と恐怖を与えています。
証拠さえみつかれば殺人も立証されるような状態なのにも関わらず、いったいこの先どのように経営していくのでしょうか?
近隣住民も『虐待の館』として嫌な思いで見ていかねばならないのです。
ぜひメールにて、具体的な対策等、返答お願いいたします。

返信があり次第、ここに載せます。
納得と安心のできる返事を期待していますが、虐待牛バーガーこと『バーガーキング』の時のように、返信無しでしょうか…

介護職の大変さはわかります。特に、認知症の入居者とは意思の疎通ができなかったり、入居者側からの暴言や、食事を投げられる、引っ掻かれる、難癖をつけられるなどもあるでしょう。一生懸命世話をしても報われない事が日常的にあり、莫大なストレスが溜まることでしょう。
しかし、大変だからといって虐待をしても許されるわけではありません



<Sアミーユ川崎幸町の事件とは>
 
川崎市幸区の介護付き優良老人ホーム『川崎Sアミーユ』で、入居者への虐待の他、不審死が相次いでいたことが発覚した。

今年6月に、女性入居者(85歳)の家族によるビデオ撮影で、職員が入居者に対して「死ね」「ババア汚ねえなあ」「うるせえ黙れ」など暴言を吐く、頭を叩く、首を絞める、乱暴にベッドへ放り投げる、ナースコールを押すと爆発すると嘘をつくなどの虐待が明るみに出た。
入居者家族は「施設側は撮影するまで母親や自分たちの訴えに取り合わなかった」と話し、警察に告訴する考えを明らかにしている。

入居者家族の通報で、市は今年5月に監査を実施。職員による暴言や乱暴な介助の他、ナースコールを外したり入居者の食事を勝手に食べてしまうなどの事実を確認。8月に改善を求める指導を行った。 
職員4人は自宅謹慎、懲戒処分を受けているが、この85歳の入居者には近づかないという条件で同施設で勤務を続ける者もいる。

同施設では、去年の11月には80代の男性が、12月には80代の女性が、同じく4階のベランダから裏庭へ転落して死亡。また同月の末には96歳の女性が自分の部屋ではない6階のベランダから裏庭へ転落して死亡。3人とも同じ場所へ転落して死亡している。
また、今年の5月には83歳の男性が浴槽で頭まで湯に漬かった状態で死亡している。

中でも96歳の女性の転落(3件目)は特に不可解である。この女性は自力での歩行も困難であり、6階への移動もベランダの柵を乗り越えることも不可能なのだ。
柵の乗り越えについては、男性が身長160cm前後、女性2人が身長140cm前後、柵の高さは120cmであることから、要介護の人間が自力で乗り越えるとは考えにくい。また、3人とも遺書は無く、転落したとされる時間も未明(職員は午前1時50分~4時17分に119番している)である。

また、 最初の転落があった11月初旬、施設の6階ベランダで男性職員が入居者女性を後ろから抱きかかえている姿が近隣住民に目撃されている。 
「今思うと、何か乱暴なことをされていたんじゃないか。(当時)寒くてベランダに出るような天気ではなかった」
そして、80代の女性(2件目)が転落する際には、異様な声や音を聞いている。
「女性が泣き叫ぶ声と 男の怒号が聞こえた。その直後にドスンと何かが転落した衝撃音が聞こえました」「結構大きな声でやり合っていた」「15分~20分ぐらいあって静かになって、寝床に入ってドスッて音がして」
この住民によると、その後消防が到着し、人工呼吸をしていたとのこと。

3件の転落死があったいずれも当直を担当していた男性職員は、「当直していたことは皆さんが知っているとおり事実だが、関与というのがどういう意味で言っているのか分からないが、それは全くしていません」と、転落死との関連を否定。
この男性職員は5月に入居者の金を盗んだとして懲戒解雇を受けている。

先日弟と、カダフィ大佐の話をしていて思い出しました。
カダフィ大佐が死んだ時、北朝鮮が強力接着剤でラジオのチャンネルを固定し、カダフィ大佐の死を広めないようにしていたということを。

よって、大多数の国民はカダフィ大佐の訃報を知り得ない状況でした。
また、カダフィ大佐の死に対して議論をすることも許されておらず、このことで話し合った恵山医科大学に通う女子大生1人と住民7人が労動矯正所に連行され、同じく話題にした女子中学生の責任を取ってその両親が処罰されました。

不法な映像および音響製品、出版物とされるものは、厳しく取り締まられるってわけです。が、接着剤って、おい…


これらを取り締まっている109常務は、韓流ドラマや海外からの映像などが国内へ流入するのを監督している他、韓国の哨戒艦『天安艦』の沈没事件や、延坪島砲撃事件などについての海外メディアの報道もシャットアウトしています。
北朝鮮には、言論の自由も報道の自由も無いのです。

話すだけでダメという厳しさ、そのわりには、接着剤でチャンネルを固定という稚拙さ。なんだかなあ。
日本にも報道規制や情報操作はあるけれど、北朝鮮は本当に凄いです。色んな意味で。


そういえば、子供の頃、夜中にラジオをいじっていると謎の音声(ハングルっぽいの)が偶然聞こえることがありました。あれは北朝鮮の乱数暗号放送だったんじゃないかと思います。
北朝鮮の乱数暗号放送は、1970年代後半から1980年代前半にかけて活動が最も活発で、2000年までに全て廃止されているそうだし。
暗号だという説と、南の放送に対する妨害だという説がありますが、日本人拉致の指示はラジオの乱数放送で出していたということが判明していますし、私が聞いた中にも工作員向けの指示があったかもしれません。

そういえば、一時期はオウム真理教も番組を作って放送していませんでしたっけ?モスクワかどこかで。



【暗号色々】

ステガノグラフィ(steganography)
通信文を人目に付かない場所に記録する、データを他のデータに埋め込むなどして、メッセージの存在自体を隠す。
たとえば、各句の頭文字を順につなげたり、不可視インクで見えない文字を書いたり、頭皮に通信文を刺青して髪で隠すなど。


コード(code)
事前に「△といえば、〇のこと」等、取り決めておくことで秘匿する。
著名なコードとしてはトラトラトラ(ワレ奇襲ニ成功セリの意)、ニイタカヤマノボレ(日本時間12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよの意)。


サイファ(Cipher)
所定のアルゴリズムに従って、文字やビットごとに置換や転置を行うことで、読めない文に変換する。

各文字を辞書順に3文字だけシフトして暗号文をつくる(aをd、bをeと読み替える)のもサイファであり、シーザー暗号、またはカエサル暗号と呼ばれる。

アルファベットを一文字毎に13文字後のアルファベットに置き換える(AはNに、BはOに置き換える)ROT13と呼ばれるものもサイファだ。

ここしばらく、寝屋川市の中学1年の男女が遺体で見つかった事件が、世間を騒がせていますね。
遺体には『刺し傷』ではなく『上から下への切り傷』が30か所以上もあるということで、ずいぶんねちっこく甚振るのが好きなんだなあと感じました。
遺棄で逮捕された前科持ちの男、山田には早く何もかも正直に吐いてほしいものです。


誰が悪いって、拉致して殺害した奴が一番悪いのですが、子供を深夜にブラブラさせる親も悪いですよね。
特に少女のほうは前々から日常的に泊まり歩いており、自宅の玄関前に簡易テントを広げたこともあるそうで、よっぽど家での居心地が悪かったのでしょう。

反抗期の子供を持つ親が「なんで子供をちゃんと躾けないんだ」と言われてよく返すセリフに「言ったって聞かないんだもの」というのがあります。
この少女にもそういった背景があったのかもしれませんが、何にせよ『野宿が当たり前』のような生活はおかしい少年少女の親だけでなく、周囲も何とかすべきだったのでは?と思います。
少年少女が相談できる場所はもちろん、言い方は悪いですが「こういう子がいる」と周囲の人間がチクれる場所、問題視して取り組んでくれる場所などがあれば、事件は防げたかもしれません。


こんな事を書くと、「じゃあおまえが助けてやればよかったじゃないか」というようなことを言ってくる人がいますが、うーん、そういうことじゃ…
ただ、これだけは言っておきます。私は過去に三人(16歳、17歳、18歳)を助けたことがあります。これは決して自慢などではありません。

その頃の私は24歳。身を粉にして働き、ちょうど極貧から這い上がったところでした。
三人はそれぞれの事情で家に帰れず、友人の母親の紹介で仕事を始めたばかり、安いカラオケボックスかファミレスで寝泊り、というような状態でした。
私は一人暮らしをしており、値段の安い寮に移ろうと思っていたので、しばらくの間アパートを三人に貸すことにしました(本当はいけないことですが)。そして自分はすぐ近くの寮へ。約三か月間部屋を貸し、時には食事の面倒をみました。
 
そして、アパートに残っている荷物を寮に移そうとしたある日、全てが無くなっており、あるのはゴミの山。 
連絡もつかなくなり、それっきりです。 
おい、クソガキども!せめてエフェクターと漫画を返せ! 


話を戻します。
 
容疑者は事件の二日前に東京都内で職務質問を受けており、車からスタンガンや手錠、注射器などが発見されています。
しかし、薬物検査で陰性だったこと、スタンガンには電池が入っていなかったことから、すんなり世に放たれてしまっています。
過去に男子中高生を監禁して逮捕された際も手錠を使っているんだし、どう考えても怪しいと思わなかったのでしょうか?せめて追跡調査をしてほしかったです。

この事件、少年少女側からも、犯人側からも、防げた可能性が非常に高いです。


気になるのは、少女が友人に「子供できた」とメッセージを送っていた件。これは山田によるなりすましだったのでしょうか?
そして、遺体となって発見された少年のポケットから、山田のものではない精液が付いたコンドームがみつかった件。わざわざポケットに入れるあたり、山田による偽装工作でしょうか?

その他にも様々な点が不可解なままです。性的な問題は報道されない傾向にありますが、あやむやなまま幕を閉じるのではなく、キッパリと発表していただきたいです。
ネット上である事無い事噂され続け、いつまでも苦しむ破目になるのはご遺族なのですから。


それから、この事件で私が最も気になったのは、世間の反応です。それは、こんなに残忍な事件にもかかわらず、被害者の美醜を問う声でした。
「男の子のほうはすごく可愛いのに」「女の子はどの写真でも酷いブス」「男の子が可愛いから狙われた」「女の子は邪魔なおまけ」
こういった声が、ネット上からも喫茶店の隣席からも聞こえてきて、なんとも言えぬ気分になりました。


それにしても、車で大移動しまくって、刑務所へ面会に行ったりカレーを食べに行ったり、山田の行動力は凄いです。
まるで死期の迫った人間のようだと、ふと思いました。
福島で汚染除去作業員をしていたと聞くと、癌にでもなったんじゃないか?それで最後に好き放題やってやろうってことになったんじゃないか?と思わずにはいられません。

共犯者がいるのなら、なぜ庇うのか。
ヤクザにビビっているだけ?それとも、自分が捕まった後の両親の世話や、現在の恋人の見守りでも頼んでいるのでしょうか?
そんな優しさは無いと考えると、見守りというより見張りですかね。
また、獄中結婚した女性との離婚理由は、『女性よりも女性の連れ子を溺愛したこと』とされていますが、そこにも性的な匂いを感じずにはいられません。


山田には逮捕歴があるわけですが、それ以外のも多数の犯罪を犯しており、被害者は大勢います。
ニュースサイトに挙がっている問題行動以外にも、昔ナイフで脅されて軟禁されたなどのトラウマに今でも苦しんでいる人がいます。



以下、ニュースサイトより転載

山田容疑者は、現住所の寝屋川市の隣にある枚方市の出身。少年時代は市内の公営住宅で、両親と妹の4人暮らしの家庭で育った。

小さい頃は“山田”とは異なる姓で、地元の小中学校に通っていました。同級生たちの話によると、当時は近所の駄菓子屋でよく万引きをし、それを見せびらかしていたといいます。
時には親の金を1万円単位で無断で持ち出し、『みんなに食べ物奢ってやる』などと自慢して、周囲が引いていたそうです。
そのため、孤立することが多く、いつも一人ぼっちだったイメージが強いと言われています(全国紙社会部記者)

そんな学校内での人間関係が影響したのか、中学3年生の頃から素行が悪くなり、卒業後も定職に就くことはなかったという。

中3の後半あたりに地元の不良グループに入ったんです。といっても、積極的に溶け込むというより、及び腰で後ろから付いていく感じ。
結局、リーダーたちの使いっぱしりをさせられて、4~5年で外れたようです(中学の同級生)

その後は、自宅近所の雑貨屋やコンビニでアルバイトをしながら生計を立てていたが、2002年には少年に対する監禁事件を起こしている。

寝屋川市駅前のロータリーで行われたアマチュアバンドの演奏を聞いた帰りの17歳の少年2人に道を尋ね、自分の車に連れ込んだところで、手錠で拘束。さらに両手足を粘着テープで縛り上げた。
車内に4時間にわたって監禁し、約4キロ離れた公園で開放したのですが、その間に2人の顔や胸をライターで炙り、火傷を負わせています(前出・社会部記者)

また、その20日ほど後、今度は中学生の男子を同様の手口で車内に監禁。これら一連の事件により、山田容疑者は逮捕された。
事件後、山田容疑者の家族は公営住宅から姿を消し、現在のマンションに引っ越している。一方の山田容疑者は、事件を起こす前に近所で知り合った子持ちの女性と枚方市内で暮らし、その後、結婚生活を送っていた時期がある。

一説には、これが盛んに報道されている“獄中結婚”だという情報もありますが、いずれにしても山田容疑者は、この女性というよりも、連れ子の娘を溺愛していたフシがあり、わずか2年足らずで破綻したようです(在阪記者)

出所後、山田容疑者は母方の親戚と養子縁組を結び、それまでの姓から“山田”に名を変え、親と同居するようになったという。
昨年11月頃からは、福島第一原発事故の放射能除染作業を請け負う神奈川県内の建設会社に契約社員登録。福島県二本松市郊外に除染作業員の宿舎として会社が借り上げた民宿で、寝起きしていた。
同僚の話では、山田容疑者は休日といえば同僚とパチンコに行く他、スマホを使ってロリコン系の出会い系サイトを漁ったりしていたようです。自宅との行き来の間には、東京や川崎のデリヘルも利用していたとのことです(前出・社会部記者)

浮かび上がってきたロリコン性癖。しかも、「彼は本当は小さな男の子が好きなはず」(知人)との証言もあり、この男の歪んだ欲望は男女を問わない“両刀遣い”であったことも明らかになりつつある。

山田容疑者と特定はできませんが、2年前には公園で遊んでいた女児が近くの雑居ビルに連れ込まれる事件があったり、カッターナイフをかざした不審な男に女児が追いかけられることが度々あったりと、不審な人物の情報が相次ぎ、近所の住民は怖がっていたんです。
今のマンション付近でも、最近では30代の女性をつけ回していたという話を聞いています(地元自治会員)

事故から今日で30年です。
このタイミングで、123便に関する新たなニュースが出てくるとは。


123便は、相模湾上空でのトラブルの際に落ちたであろう垂直尾翼の大半やAPUを含む機体後部の部品が見つからないとされたまま、事故から1年10カ月後に調査が終了しています。
しかし、先月、ANNが情報公開請求で得た資料などから、相模湾の海底を調査し、123便の部品の可能性がある物体を発見しました。

image

画像は、先月の29日、静岡県東伊豆町の沖合約2.5㎞、123便の推定飛行ルートの真下にあたる水深160mの海底で撮影された映像です。
発表を先月ではなく、事故から30年の今日にしたのは、意図的なものでしょう。

右側のパネル状の部分は四角形に見え、側面にある黒い部分には数字などが書かれています。
カメラとの距離などから調査にあたった専門家は、1.5mから2mほどの大きさではないかとしています。

当時、事故調査委員会のメンバーとして墜落の原因を調べた斉藤孝一さんは「この映像だけでは分からない。仮に航空機の部品だとすると、APU(機体後部にある補助エンジン)のまわりに取り付いているコントロールボックスといわれてるようなもの」としたうえで、123便の残骸である可能性を指摘しました。
斉藤さんは圧力隔壁の破壊という事故原因は変わらないとしたうえで、残骸が見つかれば事故の状況がより詳細に分かる可能性があるとしています。

国の運輸安全委員会はこの映像を見たうえで、「当委員会としてのコメントは差し控えさせて頂きます」としています。



さて、123便についての記事は、これで一旦書き終えさせていただきます。
転載したかった記事や貴重な画像は他にもあったのですが、いざ開くと『ページがみつかりません』『現在ご利用できません』『削除されています』とのことで、残念ながら紹介できませんでした。

123便について様々な説が飛び交うのも、不審な点が多すぎるゆえのことです。
真相を知る者達は、風化するまでだんまりを決め込んでやり過ごすつもりなのでしょうけれど。
せめて、以下の5点に明確な回答をいただきたいものです。

●現場で自衛官を射殺したのは誰でなぜか
●123便以外の残骸が現場に残っているのはなぜか
●自殺した自衛官が知人に託した写真に写っているのは123便の尾翼なのか
●特殊部隊の現場での行動について
●核について

このうち、『現場で自衛官を射殺したのは誰でなぜか』だけでも知りたいです。
これを明るみに出してくださったのはNHK速報でしたね。
「ただいま長野県警から入った情報です。現地に救助に向かった自衛隊員数名が、何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。 続報が入り次第お伝えします」と。
続報は入らず、そのままになってしまったのは、規制がかかったからでしょう。


私自身、どんなに様々な情報を得ても、自分で納得のいく結論は出せていません。
全てが疑わしくもあり、信じるべきでもあり、といった感じです。
特殊部隊の存在や行動についても、戦時中の命を軽んじるかのような特攻命令や民間人を平気で巻き込める様を思えば、123便墜落事故の際に虐殺があったとしても何らおかしくありません。『まさかそんな酷いことはしないだろう』とは、今だから思えることです。

また、123便の件だけでなく、様々な事件や事故が『真相は闇の中』とされていることも忘れてはなりません。

このページのトップヘ