⚠️メンテナンス中⚠️狭いベランダは我が森ぞ

言いたい放題な生息記録

タグ:料理

yj

1.餃子の皮で作ったアラブ料理のサンブーサ
2.椎茸のマヨチーズ
3.スペイン料理の具だくさんアヒージョ
4.インドネシア料理のナシゴレン
5.フィリピン料理のアドボ
6.ハム巻きカイワレ
7.シンガポール料理のサンバルブラチャン
8.マッシュルームのアヒージョ
9.茗荷とオクラと豚肉のバルサミコ炒め
10.メキシコ料理のチリコンカン
11.イタリア料理のアクアパッツァ
12.新鮮野菜サラダ



上記の画像は確かに私が作った料理だ。だが、私は昔、料理が嫌いだった。
包丁なんか凶器だし(刺されそうになったことあり)、火を使うのは危ないし(実際に服の袖に引火したことあり)、下準備だの洗い物だの一連の作業が面倒臭い。
特に、誰かのために作るのは大っっ嫌いだった。「まだ?」と待たれるのも、手元を見られてあれこれ言われるのも、味にイチャモン付けられるのも、発狂したくなるほどイライラする。
小銭払って生涯ジャンクフードでも食ってろバカ舌!

一時期は、仕事で厨房に入って楽しくやれるようになった。だが、それは仕事だったからできたこと。職場以外では気が乗らぬまま。
お腹が減った時、見かねた弟がガーリックライスを作ってくれる始末。


そんな私が、ほぼ毎日料理をするようになったのには理由がある。それは、食べたいものが売っていない売っているものは味が濃い、ということに気付いたからだった。
そして「こりゃ自分で作るしかないな」ということで、和食やらフィリピン料理やらスペイン料理やらペルー料理やらを、せっせと作るようになったのだ。

ただし、自分で興味のあるものしか作らないので、簡単な定番料理は作れない。
「なぜメキシコ料理は作れるのに玉子焼きは作れないんだ?」と聞かれるが、そういうことである。
これはギターでもそうだ。「なぜクラプトンの曲が弾けるのにドレミファソラシドが弾けないんだ?」と、よく聞かれるが、弾きたい曲から弾き始めたからだ。


実験のように料理を作りまくり、今では弟から『肉じゃがナンバーワン』の称号をいただくほど、料理の腕が上達した。
私の料理の腕前は、他人にとやかく言われるようなものではないのだ。
言いたい奴はただの格好付け野郎。通ぶりたいだけ。だから余計にムカつくのだが。
そういう奴は、外食しても文句ばっかり言っている。「これなら俺にも作れる」だとか、「これは本物じゃない」だとか。


以前、弟に車を出してもらい、当時の彼氏を連れて某レストランに行ったことがある。そこで、弟オススメの料理を食べたのだが…
「なんだ、マヨネーズで味を誤魔化してる」「このイカは冷凍だね」「これだったら簡単に作れる」「これにこの値段はダメ」「こんなの好きなの?」

死ね。
もう、死ね。こういう奴、本当無理。人間的に無理。
そいつは私の手料理にもゴチャゴチャ言ってきて、だったらおまえが作れということで作らせたら、それがカロリーメイトサイズのしょっぱくてコゲたダシ巻き玉子で、もう本当に死ねと思ったもんだ。
携帯折って窓から投げて傘で殴って、こっ酷くフッてやったから、まあスッキリしたけれど。


でも、やっぱり誰よりも死んでほしいのは、あのクソ男だ。
私が包丁を使っている時に、後ろから「わっ!」と大きな声を出して驚かせて、危ないからやめてと言ってもしつこく何度もやってきたクソ男。
逆ギレして包丁奪って「刺せよ」って、バカだろおまえ。だったら包丁奪うなよ。 

ブログネタ
よく作る料理は何ですか? に参加中!
1295

フィリピンの家庭料理、アドボ。
この料理は、愛読書の『独身アパートどくだみ荘』で知りました。
どんな味なんだろう?と思い、レシピを調べて作ってみたところ、とても美味しくできて感動!以来、よく作っています。

アドボも色々な種類があるのですが、私が作るのはシンプルなもの。
スライスしたニンニクを炒め、豚バラブロックとクウシン菜と玉ねぎを入れて、醤油と酢とローレルで煮込むだけです。クウシン菜がすごく合います。


タガログ語は、フィリピンパブで覚えた、アコ(私)、マガンダ(美しい)、マハル キタ(愛してる)、パロパロ(浮気者)ぐらいしか知りませんが、覚えやすい言語じゃないかな?と思います。
機会があったら少し勉強してみたいです。


さて、今回は料理(comida コミーダ)でよく使うスペイン語の紹介です。まずは日本の料理でもよく使う調味料から。

油 aceite アセーイテ
オリーブ油 aceite de oliva アセーイテ デ オリーバ
砂糖 azúcar アスーカル
塩 sal サル
醤油 salsa de soja サルサ デ ソハ
酢 vinagre ビナーグレ
ソース salsa サルサ
しょうが jengibre ヘンヒブレ
マスタード mostaza モスターサ
大蒜 ajo アホ

大蒜は覚えやすいですね。日本語のアホとはイントネーションが違いますが。
皆さんの中にもアヒージョという料理を食べたことのある人がいらっしゃるのではないでしょうか?
アヒージョは、エビなどをオリーブオイルと大蒜で煮込んだあつあつの小皿料理です。

『〇〇の大蒜風味』のことを、〇〇 al ajillo(アル アヒージョ)といいます。
なので、Gambas al ajillo ガンバス アル アヒージョで、エビの大蒜風味。
私は Champiñiones al ajillo チャンピニョーネス アル アヒージョをよく作ります。
champiñón チャンピニョンはマッシュルーム。Champiñiones は複数形です。

2013081910160000

スパイス especia エスペシア
コショウ pimienta ピミエンタ
白コショウ pimienta blanca ピミエンタ ブランカ
黒コショウ pimienta negra ピミエンタ ネグロ
唐辛子 pimento ピミエント/メキシコでは Chile(チレ)、ペルーでは Ají(アヒ)や Rocoto(ロコト)

以下は日本の料理では使われませんが、スペイン語圏の料理ではよく使われるハーブです。

サフラン azafrán アサフラン
タイム tomillo トミージョ
ローズマリー romero ロメーロ
イタリアンパセリ perejil ペレヒル
クミン comino コミーノ
ミント hierba buerna イェルパ ブエナ

お菓子作りでは、バニラ vainilla バイニージャ と、オレンジの花の抽出液 azahar アサアルが、よく使われます。

以下、おまけ。
網焼き a la parrilla ア ラ パリ-ジャ
鉄板焼き a la plancha ア ラ プランチャ
ロースト asado アサード
シチュ-風煮込み estofado エストファ-ド
揚げ物 frito フリ-ト
グラタン gratinado グラティナ-ド
煮込み guisado ギサ-ド


うわっ!何このマトモそうなブログ!

このページのトップヘ