⚠️メンテナンス中⚠️狭いベランダは我が森ぞ

言いたい放題な生息記録

タグ:食

『原始時代の人も食べていた』のフレーズが、とても気になるお店です。
うおおおお!気になる!行ってみたい。

2015-12-26-15-01-36


だいぶ劣化の進んだアパートの下では…

2015-12-26-15-14-00


謎のボックスを発見。工具入れでしょうか?

2015-12-26-15-13-48


たまに民家の横でこういう物を見かけるのですが、何だかわかる人いらっしゃいます?

2015-12-26-15-33-05


こちらの廃墟は、崩れそうで崩れない絶妙なバランスのまま。

2015-12-26-15-17-30


船橋に唯一残る、船橋最古のソープも、まだまだ元気に営業中の様子。
可愛い猫がお出迎え。

2015-12-26-15-17-58


 ソープの裏にも猫が!と思ったら、ぬいぐるみでした。なぜここに?

2015-12-26-15-20-14


また猫がいました。

2015-12-26-15-26-04


路地裏でも発見。

image


大通りの一画にも、三匹いました。

2015-12-26-15-42-15


船橋の猫やカラスは、人に慣れているので、あまり逃げません。
今回の探検中も、ここに載せた以上に猫との遭遇がありました。 

京成船橋駅の近くで、こんな細い電柱をみつけました。
電柱と言うより、鉄パイプかな?
この様な電柱は、私道や私有地に立っているタイプだそうです。
かなり昔から立っている様子に、胸が高鳴りました。

2015-12-08-16-29-13
 
2015-12-08-16-29-28


そのすぐ近くで、ハラールフードのお店をみつけました。
その隣にあるレストランから、インドカリーの良い香りが…食べたい!

image


この辺りは、風俗案内所があったり、あちこちにマッサージ店があったり、個人店の居酒屋があったり、細い道に色々とごちゃごちゃしていて面白いです。
ちなみに、マッサージ店は普通のマッサージなのかエッチなマッサージなのか、見分けがつきません。

こんな古びた看板もありました。今は無き、風俗店の看板です。
挿絵がレトロで可愛らしいですね。

image


仲通りでは、店名が黒く塗りつぶされたお店を発見。
一階は別の名前の居酒屋が営業中ですが、二階はかなり年季の入った廃墟の様。

image

 
駅からちょっと離れた場所に、スナックやバーが密集した細道があるのですが、見上げたら木立朝鮮朝顔の花がデローン!
有毒な植物がこうしてごく普通にある風景、好きです。

image


また何か面白い物を発見したら、UPします。

2015-12-08-17-48-57

長年あったピンサロが廃墟化していたので、病院の帰りに寄ってみました。
JR西船橋の駅から少し歩いた裏通りに、とても目立つ黄色の看板。その名も、『サロンの殿堂ひよこ倶楽部』です。

2015-11-25-11-07-11


隣(同ビル)には麻雀の看板が出ていますが、こちらも営業していない様子。

2015-11-25-11-08-15


ひよこ倶楽部は他のピンサロが買収したという噂を聞きましたが、どうなんでしょうね?
ずっとこのまま放置されています。

2015-11-25-11-05-56


ビル自体の入口も、ゴミが散乱していて汚いです。

2015-11-25-11-06-42


ポストはこの通り。ビニールテープが貼られています。

2015-11-25-11-00-43

 
階段裏も、ゴミまみれ。

2015-11-25-11-00-33


階段下に、なぜかヘアキャップが。

2015-11-25-11-00-52


階段を上ると、なんとも不快な埃臭さがこんにちは。

2015-11-25-11-01-31


ビルとビルの隙間にも、ゴミがびっしり。

2015-11-25-11-01-49


二階も荒れています。
段ボール箱からTシャツがはみ出していましたが、怖くて触れません。

2015-11-25-11-02-14


四階は、なぜか土まみれでした。
階段の端にも意味深な土がたくさんあり、不気味です。

2015-11-25-11-03-03


しかも、なぜかパンティーがありました!
さっきのTシャツ以上に怖くて触れませんが、確実に女性用下着です。

2015-11-25-11-03-22


なんだか全てが不気味なので、足早に退散。

2015-11-25-11-03-27


ちなみに、すぐ近くの中華料理屋も、長年ずーっと放置物件です。
シャッターが壊れているので、食品サンプルが少し見えます。

2015-11-25-11-07-24

2015-11-25-11-07-41


近くで小さな祠も発見。

2015-11-25-11-05-03


いや~しかし、駅から近くても廃墟化したりゴミまみれになるのは、裏通りならではですね。
小奇麗な表通りからほんの少しズレるだけで、こんなに景色が変わるとは…

image

久々の喫茶店、それも昔ながらの純喫茶。なんて贅沢なブランチなのでしょう。

朝飯と昼飯を同時に食べることを、ブランチというそうです。

ブランチという言葉を知る前は『あひるご飯』と言っており、誰にも通じないので封印しました。
あさごはんの「あ」+ひるごはんの「ひ」で「あひるご飯」ですよ。

いつの日か、船橋をぶらぶら歩いていたら、可愛らしい手ぬぐいの飾られた額を発見。
『浄土宗・専修院』と書いてあったので、後日少しだけ見に行ってみました。

2015-11-02-14-29-18


夜の専修院。本堂の中で輝いているのは、御本尊の阿弥陀如来です。
あえて夜見に来たのは、この景色のためです。

2015-11-03-17-13-37


この辺りは寺が密集しています。
こんなふうに、力強い松の木など、周辺の植物も見応えあり。

2015-11-02-14-30-09


行法寺の山門前から撮影。
中に高さ1.8メートルの日蓮像があるのが見えます。

2015-11-02-14-32-16


お寺に狛犬って珍しい気がします。

2015-11-02-14-32-27

2015-11-02-14-32-35


こちらは圓蔵院の本堂です。

2015-11-02-14-40-15


圓蔵院の山門をくぐってみます。

2015-11-02-14-35-29


大香炉。
いつも神社ばかり行っているので、こういうお寺ならではの物を見るのが新鮮です。

2015-11-02-14-38-40


灯篭のデザインも、オシャレな感じ。

2015-11-02-14-36-28


圓蔵院の地蔵尊堂。
鰐口を鳴らすと、なんとも良い音。神社の鈴とはまた違う良さがありました。

2015-11-02-14-37-17


昭和7年建之の百度石がありました。

2015-11-02-14-35-46

2015-11-02-14-36-03

2015-11-02-14-39-41


こちらは不動院。

2015-11-03-17-09-03


不動院の入口には、飯つぶ地蔵と呼ばれる大仏が。
毎年2月28日、大仏に白米ご飯を盛りつけて供養するそうです。

2015-11-03-17-10-44


大仏にごはんを盛りつけると言っても、まあ、大したことないだろう。
きっと、手の辺りにおにぎりを置くんだろうなあ…

そう思っていたのですが…

画像を検索すると…

マジか?!これ!

じぞう4

えええええええええ?!

じぞう
 
来年、行かなきゃ…!

じぞう5


こちらは最勝院。
横には地蔵菩薩尊像が安置されている、最勝院地蔵堂がありました。


2015-11-15-15-49-20

2015-11-15-15-49-57


こちらは浄勝寺。
船橋宿の遊女たちを救うために立てられた『お女郎地蔵』が墓地にあるそうなので、今度改めてじっくり訪れたいです。

2015-11-15-15-45-32


こちらは夜の覚王寺。
もう少しじっくり見たいけれど、また今度。

2015-11-03-17-19-27

このページのトップヘ